なかなか理解されない子に勉強を教える方法について

こんな記事が目に止まった。

 
昔、小学生に割り算の筆算教えてた時の教え方晒す: 不倒城
これはわかりやすい。

ただ単純に割り算を教えるといっても、このぐらいのフローが

必要になるということを改めて感じた。

 

 

 

普段、仕事の時も教えることが多くなってきたが、その時に必ず

意識している(意識させている)のが

自分で考える

ということ。

 

 

 

 

これは年齢が上がれば上がるほど、この意識がないと相手にされない

ことになるのかなと感じている。

 

 

 

 

自分で考えて、聞き方は悪いけど

「で?次どうする?」

と問う。

 

 

そこで迷うようであれば、

「最終ゴールがこれだから、それの1歩前として、これを

準備する必要があるよね」

「ってことは、それを作るためにはこれが必要じゃない?」

といった感じで道標をする。

 

 

 

これが正しいかどうかはわからないが、ひとまずこれで

見本は示せていると考えている。

 

 

 

そこからいくつの事象を学ぶかは相手次第ってところも

あるけど、その事象を自分が聞きたいってのもある。

 

 

 

やっぱり一人で考えていてもあまり発想ってのは浮かばないので

いろいろな人に聞いてみるのがいいと思っている。

 

 

 

 

それで、物事が進めばいいし、自分の選択肢も増えればいいと

いう意識で仕事をしている。

賛否両論はあるだろうけど、自分自身も色々と試行錯誤ですわ。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中